日语语法

当前位置/ 首页/ 日语语法/ 正文

こと的几种接续语法

こと单看这个词的话,我们知道这是事件的意思,但是它也经常被用于很多语法中,所以呀,今天小编就给大家科普一些关于こと的几种接续语法。

1. ことがある
1.动词「た形」十ことがある
 “有过”,表示曽経有过某种现象,或出现过某种现象。
△一度日本へ行ったことがあります。/我去过一次日本。
 
△天ぶらを食べたことがありません。/我没吃过天妇罗
 
△こんなにきれいな桜、今まで.たことがありません。/我还从来没见过这么漂亮的櫻花。
 
「~ことがある」前接动词过去吋表示曽経做过某事,要表示没做过某事的情况吋,否定形式加在「ある」上,即「~ことがない」。
 
2.动词基本形/动词「ない形」十ない十ことがある“有时”偶尓”。
△時々、家族で旅行に行くことがあります。/有时会和全家人一起去旅游。
△天気のいいのは、近くの公園へ散歩に行くことがあります。/天气好的活,会去附近
的公园散歩。
 
△たまに朝ごはんを食べないことがあります。/我偶尓会不吃早饭。
 
r~ことがある」前接动词的一般时态时,表示有时会出現某些情况。
 
二.~ことができる
动词基本形十ことができる
“可以”“能-”会”,表示某种能カ或可能性。
△図書館のパソコンは自由に使うことができます。图书馆里的电脑可以自由使用。
 
△日本料理を作ることができます。/我会做日本菜。
 
△自動車を運転することができます。/我会开车。
 
「~ことができる」表示可以做某事,其否定形式が「~ことができない」。
 
 
 

我要评论



微信订阅

打开微信,点击底部的“通讯录”,点击右上角的 “添加” 搜号码 andk_in 或查找公众号 安妮导刊 即可。